女性の落とし方を知っていれば、出会い系サイトでも効率良く出会うことができるとは思いませんか!?
今回はOL(オフィスレディ)に的を絞って、落とす方法をご紹介しますので、是非参考にして頂ければと思います。

20代のOLの場合

出会い系サイトで、20代のOLを口説きたいなら、この年代の女性達の悩みや恋愛観を理解して接する必要があります。

20代の女性というのは、大学を卒業してそれほど時間が経っていない為、まだ10代女性と同じように恋愛に憧れや期待を持っている所があります。その上、自分で稼いでいるわけですから、男性を計る材料として、収入や社会的地位も見るでしょう。ですから、彼女達を甘く見て、学生のような扱いをしてしまったら、メル友にすらなれないかもしれません。

相手を大人の女性として扱い、また自分自身も落ち着いた大人の男性として振る舞うことが大切です。間違っても、青臭い高校生のように「好きだ!」などと、感情をむき出しにしてはいけません。聞き役にまわり、デートの時間も女性に合わせられる、余裕のある大人の男性であることをアピールするのです。

仕事については、軽く「○○業界」程度の紹介で良いでしょう。年収まで言う必要はありませんが、「出来る男」を匂わすようにしましょう。極端にハードルの高い存在だと思わせる必要はありませんが、容姿や収入を重視されないようにする為の一つの作戦です。また文章にマジックをかければ、どんな仕事でも格好良く見えてしまいますから、上手にアピールしましょう。就職の面接ではないので、事細かに調べたりしませんから、嘘ではないなら少々下駄をはかせてもいいと思いますよ。

20代というのは、社会人でありながら、夢と希望にも溢れている時期です。そこをうまく文章に織り込めば、貴方に目を向けてくれるはずです。

30代のOLの場合

30代OLというのは、最も扱い憎い年頃と言えるかもしれません。というのも、同僚の女性社員がどんどん寿退社していき、かわいい新入社員が入ってくれば自分は自然にお局様。それでも仕事を辞める訳にはいかず、完全に出遅れてしまっている状態です。

ですから、そんな女性達が出会い系サイトに登録するのは、焦りからということになります。孤独感やコンプレックスや不安など、諸々の感情が入り交じった状態。この辺りの複雑な感情を踏まえて、ツボを刺激していく必要があります。

基本的に彼女達は前向きな気持ちで利用していません。このままではダメだという焦りから利用しているので、男性としては絶好のチャンスです。しかし、言うまでもありませんが、年齢については一切触れないようにしましょう。気にしていないと口では言っていても、ほとんどの女性は気にしていますからね。仕事や世間の荒波から解放してあげて、リラックスタイムが提供してあげることが大切なのです。

また、デートの誘いもなるべく相手が気楽に応じられるように配慮しましょう。女性も出会い系サイトに登録したのですから、出会いへの欲求は人一倍高いはず。ですから良いきっかけさえあれば、交際へと発展するでしょう。

但し、30代というのは、それなりに経験を積んできています。プライドもあるでしょうから、納得いかないまま、男性が主導権を握ろうとしても恐らく成立しないでしょう。相手の話に耳を傾けながら、少しずつ二人の関係を築いていくことをお勧めします。